ピラティスがアスリートの故障を予防

ピラティスのトレーニングがトップアスリートの故障を予防。

プロのスポーツ選手、プロゴルファーやメジャーリーガー、あるいは激しい動きで表現するプロのダンサーも、
ピラティスの効用を認め体作りに積極的に取り入れている人がたくさんいます。
彼らにとってのピラティスとは表面のパワーを出す筋肉もバランスよく鍛えながら、
骨格に沿った小さい数多くのインナーマッスルと呼ばれる骨格の繋ぎ目を支える筋肉を
非常に重要視して筋力アップをしています。
このインナーマッスルを鍛える事で故障しない体になるとよく実感しているからです。
外側のアウターマッスルだけを鍛えると確かにパワーとして力のある筋力は得られますが
その筋力を支える関節や各部の骨同士がうまく開いたり閉じたりしなければ、
その力を思うところに伝える事が出来ません。
ちょうどクレーンで重たい荷物を吊り上げようとしても、
関節に当たるところが錆びてしまっては荷物をスムーズに動かす事はできませんね。
その関節の骨の動きを滑らかに動くように支える仕事をするのが、
全身にある多くの大小のインナーマッスルなのです。
そしてそのインナーマッスルの一つ一つを意識して鍛えるのが
ピラティスによるトレーニングなのです。

【自宅で出来る!目黒若菜のピラティス・レッスン】
詳しくはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

サイトマップ

医療ドラマ